料理苦手が「作らないため」の工夫(たまに絵日記)

料理苦手主婦が毎日料理をほぼ作らなくて済むように作りおき、冷凍保存などに挑戦した模様を記録。

炊飯器を買い替えた体験レヴュー~最安値を求めて

炊飯器のフタが開けづらくなって数ヶ月。大手電気店を回って下見をしていましたが種類が多すぎて選べない。予算と何度も検討して炊飯器は決めたけど一筋縄では購入しない主婦根性…。

 

 

 

片手では開けられなくなった炊飯器をなんとか両手でグイグイ押しながら開けて使っていましたが、保温のごはんが堅くパサパサしてきたのでとうとう諦めて新しい炊飯器に買い替えることにしました。

 

ひさびさの炊飯器の買い替え、主婦としてはちょっとわくわく。折しも秋に向けて新米が美味しくなる季節ですもん。ふっくらおいしく炊けたごはんが食べたい~。

たくさん下見し、たくさん説明を聞いた結果選んだ炊飯器はこれ!

 

 

実は実店舗では32,800円+消費税。計算してみると消費税込みで35,000円近くでした。予算をはるかにオーバー。そのまま買うのは主婦の沽券にかかわると交渉してみるも、3万円以下はむずかしいと言われました。

私が決定した炊飯器の

Tiger 炊飯器 JPC-A100 5.5合炊き」は現在はA101という上位機種が出ているため型落ちなんですよね。

ただ型落ちでも機能はほぼ変わらず、しかも発売当初のオープン価格は7万円もするものだったらしく、しかもこの店で抱えている在庫しかなく他店ではもう買えない状態。と言われ心は大きく揺れました。

今しか買えないかも。もとは7万円もするもの。在庫はここしかない…。

心理作戦に思いっきりハマりかけた所、

『いや待てよ。ネットでないわけがない。2万円代で探せばあるかも。在庫ないってホント???』

とクールダウン。しかも赤色が欲しかったんですが赤色は売り切れと言われたところで完全買う気が失せました。

 

炊飯器購入、こんなに価格差が!

そして帰りの車中、ネット検索したらあっさりと2万円台で欲しかった赤色を見つけたのでした。しかも楽天はポイントがつくためさらに得。

結局35,000円で実店舗で妥協した色の炊飯器を自分で抱えて持って帰るところ、ネットの楽天市場でポチッと押しただけで29,000円(+ポイントつき)くらいで送料無料で玄関まで届けてくれるということに。

35000円→29000円  6000円の差は大きいですよ~~。

しかも赤色あるし。

大手電機店さんにはさんざん説明していただき、決定するきっかけを作ってもらって恐縮ですが、ここまでメリットの差があったらもう勘弁してください~と言うしかないですね。

新しい炊飯器到着!

次の日早々と家に炊飯器が到着しました。早っ!!

f:id:rinngon05:20170825083606j:plain 

f:id:rinngon05:20170825083939j:plain

 

 

 炊飯器ってどうやって決める?

炊飯器は多種多様でどれもこれも良さげ。

迷ってばかりいてもキリがないので、我が家の「ゆずれないポイント」を押さえることが大事です!

わたしたちの炊飯器購入のゆずれないポイントは「保温」機能でした。

3人家族で毎日お弁当を作って毎晩夕ご飯に白飯は欠かせない。必ず毎日ごはんを炊くんですがいろいろな都合によっては保温時間が20時間超えることも。

いろいろな都合とは、ほぼ私のやる気…ですけどね。

「もう今日は朝からお弁当作りたくない~。おかずない」

「今晩は晩御飯むり~。疲れた」

などと、白ご飯があるにも関わらず、疲れたときは作れない。のでごはんが次の朝まで保温で残る。といいパターンです。なので保温が長くてもパサパサ固くならない工夫のものが必須条件です。

 

  • 保温機能にすぐれたもの
  • 予算は2万円台
  • できるだけコンパクト
  • 圧力IHであること。

 

美味しいお米なら5000円代の炊飯器でもおいしいとは思いますが、フタの裏があまりにもツルンとしていて心もとない気がします。

2万円以上だと蒸気の逃し方や随所に工夫がみれます。(詳しい説明はむずかしすぎて覚えていません。すみません)

f:id:rinngon05:20170825084032j:plain

 

昨日からあたらしい炊飯器でのごはん。やっぱり季節も秋にむかっているせいかおいしく感じます。食欲がますます増しそうです(*^^*)