料理苦手が「作らないため」の工夫(たまに絵日記)

料理苦手主婦が毎日料理をほぼ作らなくて済むように作りおき、冷凍保存などに挑戦した模様を記録。

ごはん作りのモチベーション

前回の記事で「ごはんを待ってくれる人がいることは幸せかも」という話しをしたとたん、息子の就職の内定が決まり、「一人暮らしするから」と言われました。

 

一番恐れていたことがおこりました。

 

大学卒業まであと半年ほど。卒業までは家にいると思いますが

男の子は長男もそうでしたが一度家を出てしまったらもう戻ってきません。

ということは、一緒に住んでいる今でさえ顔を合わすことが少ないのに

独立となるとほぼ接触することがなくなるわけです。

何が問題かというと、寂しいのは一番ですが、ごはんを作るモチベーションが保てなくなることです。

 

ごはん作る気力が起きるかな…。

とりあえずオットもいますし、自分も食べなきゃ生きられないので

何かしらは作るけど出来合い物しか食べなくなりそうで怖い。

ごはん作りのモチベーションを保つには

息子から「晩御飯いらんわ」とLINEが入ると、たちまちモチベーションは急下降。

どんなに遅くなっても「いる」の一言に眠い目をこすりながらできたてのものを食べさせたいと待っている。

いるのかいらんのか、毎日気をもむし、あまりしょっちゅう「今日は晩御飯いるの?」ばっかり聞くのもどうかなぁ~と聞くことも躊躇。

とりあえずは息子の方も晩御飯がいらないときは連絡くれるんですが、連絡忘れるときも多いし、なにしろその連絡の時間が8時とか。そんなの待ってられんよ~。

 

もっとビシッと「何時まで連絡なかったら夕ご飯ないよ!」と言ってやればいいのに

「ほなええわ」と家で全く食べなくなりそうでそれも困る。

唯一、晩ご飯時には「顔を合わせる」というチャンスを失いたくないという…。

まるで冷たいホストに貢ぐ女のようだなと時々思います(^_^;)

いえいえ

母の無償の愛です。

ほんーーと無償だわ。

 

と、何はともあれ、今後のごはん作りのモチベーションのだだ下がりが心配。

やっぱりごはん作りって「喜ばせたい人」があってのものなんですね。

 

もちろん、オットや自分が病気にならないで健康に働いて生きるためにも頑張らねばですが、その「ねば」がモチベーションを逆に下げます。

しなくちゃならない=がんばらねば=強迫観念=拒否感=めんどくさい=いや

これがモチベーションを下げる根源です。

 

しなくちゃならないを「料理をしたい」にシフトする何か。他の人たちは何を糧に毎日ごはん作りをしているんだろう…。教えて欲しい。

 

とかなんとかいいながらも、今日だってご飯作りからは逃れられない。「ちょっと待って、私は何を楽しみに料理を作るのか考えてるから~」なんて言っても待ってはくれないんです。

これは料理ができないオットを持つ主婦のサガと諦めるしかないでしょうかね~。

 

おまけ

「後悔先に立たず」今はこういう気持ちです。

もう息子と食事を共にすることは数えるほどになってしまった。しかも突然。

 

バイトや学校から帰って来た後、おいしいものを食べさせてあげたい、

こんなデザートやケーキを手作りで、朝は野菜スープを、健康にいいスムージーを

なんていろいろ妄想で終わってしまった。

そう、私は料理苦手でレパートリーがほぼないめんどくさがりな主婦だったからです。

思いはあるけど、いざ作れない。料理本を見てもその通りに作れない。

 

あと卒業まで数えて半年。180日の内、家で食べるのはきっとその半分くらいとして、100回くらいは食べさせることができるならその100回の食事を大事にしたい。

と思っています。有言不実行が多い私のことですから怪しいものですが

なにしろ「もう後がない」。

もう私の人生で息子の夕飯を毎日作ることが終わろうとしている。

小さい頃は栄養つけさせなきゃとか歯にいいものをなど自分を追い詰めてしんどかったんですが(でも特にできていなかった)こうやってもう一緒に暮らせないとなるとやり残し感でいっぱい。

あと100日、私の子育て終了の「締め」と思って楽しんでごはんを作りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

作りおきおかずに挫折後…

はりきって作りおきおかずを作ったものの、その後の応用ができず、結局半分以上を腐らせておしまいという失敗で終わった前回。

「使わねばならぬ」というプレッシャー、

「傷んでないか」という不安、

「同じおかずが続く…」

という3大苦に心折れました。

「作りおきおかず」がうまく回れば節約、時短、ストレスがずっと軽くなるはずなのに。

私のつくりおきおかずの失敗の原因を深掘りしてみましょう。(自問自答!)

つくりおきおかずの失敗原因

  • 作り慣れないおかずがあった。味に不安。
  • 家族が楽しみにするようなおかずでない。
  • 副菜レベルの添える程度のおかずなので主菜が別途必要。大してラクにならない。
  • 同じおかずが続く罪悪感。
  • 応用レシピが思いつかないので日にちを置いてしまい傷みはじめる。

でも、悪いことだけじゃなかったですよ。良かったことをあげてみましょう。

作りおきおかずを作ってよかったこと

  • 苦手な野菜の1品がストレスなく食卓に並べられた。
  • 計画立てて作るので材料に無駄がない
  • 栄養のバランスが摂れる

 

要は私の「料理力」不足ゆえの失敗ですね。

インスタなどでは、すばらしい彩りと品数の作りおきおかずを楽しそうに作ってアップされていますよね、たくさんの方が。楽しそう。

料理好きならこんなたのしいイベント無いだろうな~なんて羨ましく思います。

 

これから一生を考えると(平均寿命計算ですが)まだまだ何万回と作るであろう「料理」。嫌だと思えば気が遠くなります。でも好きになればむっちゃ幸せですよね。

おいしいものは自分でも食べたいし、家族にもおいしいものを食べさせたい。

外食でおいしいものをしょっちゅう食べに行くような余裕はないので、自分で作るしかない。

つくりおきおかずは使いこなせば便利だけど、意外に料理下手主婦にとってはハードルが高いように思います。(私のレベルが低いだけでしょうか~(^_^;))

 

でも!どうやったら毎日のごはん作りのストレスがなくなるか、まだまだあきらめません。だってごはん作りはまだまだ果てしなく続くからです。

前回の作り置きおかずの失敗を反省材料に再度チャレンジです。

次の作りおきおかずの目標は

  1. テンションがあがるようなメニューを厳選。(肉系)
  2. たべやすい野菜のおかずは必ず必要。(緑黄色野菜
  3. ごはんが進む甘辛系のおかずをプラス。(きんぴら系)
  4. 時間がたっても変色したりしない食材を選ぶ(なすとかだめ)
  5. 時間がたつほどおいしくなるようなものを選ぶ(マリネなど)

 

次回のつくりおきメニューはこの5つを肝に命じて考えていこうと思います。

料理ってやっぱり1回や2回作ったくらいじゃ身につきませんもんね。

私のような料理オンチは10回位失敗してやっと身につくんでしょう。その10回ほど繰り返し作ろうという気力がないのがネックなんですが。

でも、おいしいものを作りたい。食べもので体は作られる

 

食べものに気をつけたい理由には

自分やオットの老化防止のためでもありますが、

実はそろそろ独り立ちしようと

もくろんでるであろう息子を「おいしい料理」で少しでも引き止めたいという

よこしまな気持ちがあります。息子の胃袋をつかむぞ~!

 

おまけ

子どもにとって「お母さんの味」って特別だと思うんです。でも私には「お母さんの味」がないのでは…と思っています。多分息子が何かのアンケートとかで「あなたにとってお母さんの味とは何のメニューですか?」と聞かれたら答えられないのではないでしょうか。

それほど小さい頃からてんてこ舞いでなんとか毎日の家族のごはん作りを乗り切っていました。

ときには半調理品のときもあったし、その時思いつくものだし、冬はほぼ鍋ばかりだし。カレー、ハンバーグ、炒め物、焼き魚(さんま、ぶり、さわらなど決まった魚)、麻婆豆腐(レトルト)など想い出に残るレシピはなかっただろうなと今さらながらに反省です。

一人、またひとりと独立して家族から離れて暮らすようになった今になって思うのは

「ごはんを待っている人がいるのは幸せなのかも。」ということです。

めんどくさいし、外出していても夕飯のことが気になって大変だけど、

おいしい料理ってストレスでいっぱいの心を満たしたり、疲れた身体を癒やしたりできるものですよね。

どんな言葉をかけるより、その人の体調に合わせた、おいしい料理を作ることが一番の応援になるような気がする。

 

と思ってはいるんですが、なかなか実行がむずかしいものです。

でも苦手な料理にこれからも逃げずに向き合っていきたいと思っています♪

 

主婦のひるごはんって。

主婦のおひるごはんってみなさんどうしてるんでしょ。

あわよくば、前回の「つくりおき」が功をなしてお昼ご飯のおかずでも大活躍を期待しましたが、なかなかそうはいかず。

料理苦手な私にとって救世主になると思っていた「作りおき」は

ただただ「使わねばならない」というプレッシャーと「傷んでいないか」というストレスを生んでおわりでした。

次回の「つくりおき」をやる気力がおこらないまま、また毎日のご飯作りに追われる毎日。この「ご飯づくり」のストレスについて今朝の新聞のある記事に激しく共感したのでご紹介します!

 

f:id:rinngon05:20170629080044j:plain

 

 

 

続きを読む

作りおきおかず3日後…。失敗!?

はりきって作り置きを6品くらい作ったものの、使いこなしているかーーい?と聞かれれば「NO!]です。「作り置き」があるために起きるあるストレスが。

  • 「 つくりおきおかず」で起こる2つのストレス
  • ストレスとプレッシャーを生む「つくりおき」
  • つくりおきおかず失敗の反省点
  • つくりおきの良かった点

 

続きを読む

料理めんどうなのでめんどうなことをやる。

タイトルを見たら何のこっちゃ。と思いますよね。

毎日の料理がめんどうくさくてしかたない。

そんな主婦でも毎日家族のご飯は作らねばならない。

 

続きを読む